愛媛、松山、松前、住宅、住まい、家 | RNB住宅展示場 マサキデッキ

資料請求

アンケート

RNB住宅展について

最新チラシ

お問い合わせ

リンク

住まいに役立つ情報

住宅コラム

HOME > 住宅コラム

効果的な入浴方法~温活講座~

2023/12/04

みなさん、こんにちは。香里です。

温活をテーマにしたお話も、今回で4回目となりました!

これまで、自律神経と冷えの関係、時間帯別快適な過ごし方、体を温める食べ方の工夫というお話をしてきました。

いきなり全ての事を取り入れようとすると、なかなか続けることが難しくなると思いますので、このコラムを読んで、少しでも「やってみようかな」と思っていただけた方は、今の生活リズムを大きく変えることなく、ご自身のペースで取り入れていけそうなところから始めてみていただきたいです!小さなことに取り組んで「できた!」体験をするとより続けやすくなりますよ♪

では、今回は「効果的な入浴方法」についてお話しさせていただきます。





入浴の効果

入浴は、体を清潔に保つだけでなく、血流をよくしたり、体をリラックスさせて自律神経を整えたりして、『冷え』の改善が期待できると言われています。主な効果として次の3つの効果があります。

①    温熱作用による効果

→体が温まることで血管が広がり、血流がよくなる。新陳代謝が高まり、老廃物や疲労物質を取り除くため、疲労やこりが緩和します。

②    静水作用による効果

→体に適度な水圧がかかることで血管が圧迫され、足にたまった血液が押し戻されて心臓の働きが活発になるため、リンパの流れがよくなります。

③    浮力作用による効果

→水の浮力で体重が1/10になり、体重を支えている筋肉や間接にかかる負担が軽減されて緊張がゆるみ、体全体がリラックスできます。

「普段や夏場などはシャワーを浴びるだけのことが多いなぁ」という方も、湯船に浸かる習慣をつけていただくことで得られる温活的メリットがありますので、この機会に是非見直しされてみて下さいね。





入浴のタイミングと方法

では、いつでも入浴してもいいのかと言えば、実はそうではありません。

入浴によって全身の血流がよくなると、消化器に血液が集まらず消化が悪くなるので、食事の直前、直後の入浴は控えましょう。食後1時間は空けて入浴するか、入浴後30分は空けての食事がおススメです!

また、入浴後から就寝までは1時間ほど開けると空けるとよいとされています。体温が高いと眠りにくいので、入浴で上昇した体温が下がる頃に就寝すると、寝つきがよくなりますよ!

入浴方法もいくつかありますので、用途に合わせて使い分けてみるのもおススメなので、ご家庭でできる入浴方法を4つほどご紹介しますね!

①    全身浴

→肩や首までお湯につかる入浴法です。短い時間で体を温められます。半身浴に比べると体の負担は大きいかもしれません。担が少なく、長時間お湯につかることができます。

②    半身浴

→みぞおちから下だけ湯船につかる入浴法です。心臓や肺に水圧をかけず、全身浴よりも負担が少なく、長時間お湯につかることができます。

③    反復浴

→入浴と休憩を繰り返す入浴法です。3~5分の半身浴と休憩を20~30分かけて繰り返すことで、血行化促進されて代謝機能が高まります。

④    部分浴

→体の一部分を洗面器などに張ったお湯につける入浴法です。手浴・足浴などがイメージしやすいかと思います。お湯につかった部分から温かい血液が全身をめぐり、時間をかけて体の深部まで温めることができます。