松山、松前、愛媛、住宅、住まい、家 | 愛媛県松山市 RNB住宅展示場 タピス天山

資料請求

アンケート

RNB住宅展について

最新チラシ

お問い合わせ

リンク

住まいに役立つ情報

住宅コラム

HOME > 住宅コラム

【天体観測】「すばる」を見つけよう!(11月編)

2017/11/17

こんにちは!
みなさまの生活を楽しく幸せにするお手伝いをさせていただくタピス天山です。

 11月7日が立冬で暦の上では冬がやってきました。
霜も降り地面が白くなることもあります。
風邪をひかないよう気をつけて下さいね。

さて、夜空も冬の星が見え始めました。
空が暗くなると東の空に星のかたまりが見えます。
非常に有名な星でご存知の方も多いのではないでしょうか?
その星の正体は「すばる」です。

目で見ると6つの星が見え、
双眼鏡を使うと数十個の星の集まりであることがわかります。

写真1-DSC_8102_すばる

 すばるの本当の名前は「プレヤデス星団」と呼びます。
では、すばるの神話をご紹介しましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

美しいプレヤデスの7姉妹が歌を歌ったり、
踊ったりしながら過ごしていました。

しかし、乱暴者の狩人オリオンに見つかりしつこく追われました。

困り果てた末、7姉妹は神の力を借りて空に逃げたのです。

現在、夜空では、
お父さん「アトラス」とお母さん「プレイオネ」に見守られながら、
7姉妹が平和に過ごしています。

写真2-提出すばる文字入れ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ハワイの山の上に日本の「すばる望遠鏡」や
自動車会社の「スバル」があります。
清少納言の「枕草子」にも「すばる」が登場します。
すべて星のすばるを指しているんですよ。ご存知でしたか?


 すばるが高く昇るころ、すぐ下にオレンジ色の
おうし座の1等星「アルデバラン」が見えます。
おうし座の目印はVサインの形をした星の並びが特徴です。

おうし座生まれの皆さんは必見ですね。

写真3-提出DSC_8102_すばるとおうし文字入れ

写真4-提出DSC_8109_アルデバラン 
アルデバランから左へこぶし3個分離れた
明るい星は、ぎょしゃ座のカペラです。

ぎょしゃ座は5角形の形で見つけやすい星座です。
発音しづらいため、天体観測館に来館される方からは
ギョウザなんて呼ばれることもあります
(皆さん冗談で呼んでいます)。

写真5-提出DSC_8111ぎょしゃ座
写真6-提出DSC_8107_カペラ 
すばるが高く昇る頃、プレヤデスの7姉妹を
追いかけるよう「オリオン座」が昇ってきます。

明るい星も多く星座の形が砂時計に似ている
見つけやすい星座です。

1つの星座に2つの1等星「ベテルギウス」と「リゲル」が輝きます。
昇ってくるときは横になった姿をしています。

写真7-提出DSC_8137-昇るオリオン座

 これらの星座たちは、日を追うごとに
東の空高く昇ってくるので目立って見えるでしょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

「ふたご座流星群」を見てみよう!

ところで12月14日(木)は「ふたご座流星群」が観測できます。
ふたご座を中心に流れ星が1時間に40個程度出現します。

観察の方法は肉眼で観察します。
国立天文台はふたご座流星群観測キャンペーンを行いますので
参加してみてはいかがでしょうか?

これからの観測は寒いので寒さ対策に十分注意してください。

国立天文台ふたご座流星群キャンペーン

https://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/201712-geminids/

それでは今月も星の旅をお楽しみください。

・・便利グッズ紹介・・

 星を見るときは小さな双眼鏡、望遠鏡が役に立ちます。
安い手作り望遠鏡キットも販売されています。
おすすめは2倍〜5倍の単眼鏡など(手持ちで観察可能)や
7倍〜15倍の双眼鏡など(三脚に固定が必要)です。
写真の望遠鏡キットは約2000円程度です。

写真8-DSC_8130_キット

【RNBコラムニスト profile】
 久万高原天体観測館
学芸員 藤田 康英さん
天体観測館にてプラネタリウムや
観望会など色々な星に関する活動を行っています。

<リストに戻る

© 2014 RNB JYUTAKUTEN.

TOPへ